運命の土地に出会い、夢の新築一戸建て

土地から購入し、注文住宅を建てました
家を建てる際に最も重要視したことは、土地(庭)の広さです。以前、住んでいたアパートは、来客があった時に車を停めるスペースがなく、とても苦労しました。生活の足として車が必須な地域なこともあり、最低でも3台は停められることが希望条件でした。そこから、必要な土地の広さや、家の広さを検討していきました。

私達は土地探しからだったので、とにかく気になる土地は全て見に行きました。初めは、車3台なら土地は90坪くらいで十分と思っていたのですが、実際に足を運んでみると、思っていたより狭い印象を受けました。そこに間取りを当てはめて見ても、車3台は納まるものの、自分達の想像とは少し違うなぁと感じ始めました。特に70〜90坪くらいが多い分譲地は、窮屈な感じを受けました。そこから、90坪では満足する家は建てらないと気づき、100坪以上の土地を検討し始めました。最終的に約130坪の広々とした土地に巡り合うことが出来、希望通りの家を建てることが出来ました。

土地から購入する場合は、とにかく、少しでも気になる場所は、見に行くことが大切だと思います。そして、だいたいの間取りをある程度考えておき、その土地に当てはめてみると、より正確に自分達の希望や条件が見えてくると思います。

コメントは受け付けていません。