二階のリビングは快適?それとも不便?

職場の上司の家は、リビングルームを二階に配置しています。こちらは冬が寒い地域ですから、「二階のリビングルームもアリだなぁ」と思いました。なぜって、二階の方が温かい空気がたまるからです。ですから冬場はとくに温かさを感じるのだとか。

しかし問題は「夏」ですよ。夏はものすごく暑いそうです。夏の期間が短い地域だとはいえ、それでも夏場は暑いんです。夜には温度が下がるとはいえ、しかし日中が暑くて苦しいのはたまらないということだそうで、不快な時は一ヶ月も続かないとはいえ、それでも「二階のリビングルームは考えものだなぁ」と思いましたね。

ちなみに上司の家は、キッチンダイニング、そしてリビングルームと、家族の共同の空間が二階にあります。ですからもちろん、冷蔵庫も二階にあるのですよね。そういうわけで、買い物をしたものを二階に運ぶ手間が発生するのです。

この点だけでも「やっぱり一階にキッチンからリビングまで作ればよかった!」ということで。設計当時は20代で若かったので、「少しの手間」ぐらいに思ったそうですが、今では「しんどい」ということで。二階のリビングも考えものでしょうか。

コメントは受け付けていません。