一流ハウスメーカーが高い理由

近々一軒家を建てようと計画しているため、ここ最近、ハウジング巡りばかりしています。その経験からわかったことですが、一流メーカーがどうして高いのかがわかってきたような気がしました。
積水ハウス、一条工務店などなど、CMや広告などでもお馴染みのよく聞く名前の一流メーカーは、基本坪単価が最初からお高めとなっています。私の住んでいる地域だと、平屋で積水ハウスは坪単価60~70万円からスタートといった感じでした。片やリーズナブルな価格で建てられる、あまり名前が知られていないハウスメーカーだと、45~50万円からといった感じでした。
ではこの違いは何かと言えば、そこはやはり一流メーカーの家は、最初から基準が高いということなのです。床材、壁材、外壁などにおいて、一番下のランクであっても、そこそこの材質のものを使用します。メーカーのプライドにかけて、そこは下げられない事情があるのです。それだけ信頼できる証でもあります。その分、持ちが良かったり、メンテナンスに手間がかからないといったメリットがあります。
買い替えが比較的容易な電化製品とは違い、一軒家は一生に1回の買い物となります。費用ばかりに気を取られるのではなく、メンテナンスといったことなども考えて選ぶ必要があると思いました。

コメントは受け付けていません。