一戸建てを建てる上でのお金の考え方と行動の仕方

一戸建てを購入する際に重視したことの一番は“金額”です。
一生に一回の買い物であるとはいえ、そんなに簡単に何千万もする家を購入することは難しいと思います。
私は2900万円で家を購入しましたが、実際に一般の家庭では銀行からお金を借りるのも大変であり、ましてや家の他にも家具や家電製品の購入も必要になってきます。
また、家の金額に財産のすべてをつぎ込んでしまうとその後の生活も苦しくなってしまうため、家の購入金額については一番重きを置きました。

家の購入金額を抑えるために行ったこととしては、ハウスメーカーでの情報収集を密に行いました。
ハウスメーカーでの情報収集を行うことで、大体の相場が把握することができ、加えて家を建てるイメージもわいてきます。
でも、実際に建てるのはハウスメーカーではなく、地元の工務店で家を建ててもらいました。

理由は、ハウスメーカーなどでのメーカー代がかからないため、同じようなレベルでの家を安く購入することができます。
また、地元の工務店であると場所にもよりますが比較的、いろいろなオプションもつけてくれたりなど融通も利きやすいです。

購入する際のアドバイスとしては、できるだけいいものを安く買えるように、家に関する知識はつけておく必要があります。
知識があることで、こちら側からハウスメーカーや工務店の人に要望を出すことができ、受け身になりにくくなります。