念願の注文住宅を建てることができました。

第一希望としては、気密性の高い家が理想です。
夏は涼しく、冬は暖かくが一番の理想で冬場の窓の結露が起こらない様な住宅を探していました。
その次に自然の光が入り室内が明るい家である事が必須条件です。
昼間の晴れた日に室内の電気をつける事ほどもったいないことはないと思います。
窓の大きさはこだわらなくても耐震性に影響する事のない範囲で多めの窓が必要だと思いました。

現実問題、耐震性を保ったまま窓を多くすること。希望の場所につける事は難しい場面が多かったです。
開閉式ではなくはめ込みの窓なら、なんとか。とハウスメーカーの方に言われて渋々承諾したりもしました。
自宅の施工会社は気密性住宅を謳っているだけあり、気密性に関しては何の心配もなく
居住してからもこの点は不満はありません。
むしろ北国仕様の気密性なので関東以南のわが家では、夏場は少し熱がこもり易いのが気になるところです。

注文住宅ならではのこだわりの強い部分、価格の割高さからわがままになりがちですが
これまでの実績の数が多ければ多いほど良心的なメーカーさんが多いのも事実です。
人生で何度とない高い買い物なので妥協せずにじっくりと夢のマイホームにを作っていってほしいと思います。

コメントは受け付けていません。