新築物件の施工ミスを見逃さないために。

建売の予定の物件でしたが、更地の状態で契約したため、内装や間取りなどは当初の予定から変更できるという半注文物件でした。
昔姉歯の事件がありましたが、施工ミスなどの不良があってもこちらでは全くわからないし、数年たってわかることも多いので、大きな買い物なので、そのあたりのチェックをどうしようか悩みました。

まず、インターネットでそういったミスを少なくするための方法が何かないか検索しました。
家を買った方でその様子を詳細にブログにあげている方もいたのでそれを見たりしましたが、やはり全くの素人には難しいなと思い、個人で建物診断されている方に依頼しました。
その方が工程に合わせチェックをして、報告書をもらっていましたが、その日やまた随時顔をだして、職人さんに挨拶したり差し入れを持って行ったりして様子も伺っていました。

専門機関にチェックを依頼すると費用はかかりますが、やはり必要な木材の数とか幅なんてものは素人にはわからないので、もし目の前でミスが起こったとしても気が付かないと感じたので、数十年住む家なので、安心料として依頼してみるのも手かなと思います。

コメントは受け付けていません。