建売り?とにかくシュミレーションすべし!

建売住宅を購入するとき、高齢になった時に、車が運転できなくなったときに備えて交通の便の良いところを選びました。
具体的には、近くにショッピングモールがあること、歩いていける範囲に駅があること、バスが多く通っていることなどです。住居の周りが平地であることも大事です!

それ以外は、老後資金との兼ね合いを検討しながら価格を検討しました。

気になる物件があれば、実際に足を運んで交通の便を確認しました。今後の住宅環境の変化も、私なりにシュミレーションしてみました。(周りに立っているマンションの数や、生活している世帯の年齢なども考慮)

また、それ以外にも今後の支出の動向を検討して(車の買い替えや、子供の学校入学など、大きなお金が動くリストを作成) お金の流れが一目でわかるように工夫しました。
物件を決めてしまって、ローンを組んでから悩んでは遅いのでそれ以前にしっかりと悩むことを心がけました。

今後、住宅は人口減に伴ってあまる傾向にあると言われています。住宅の価格も高騰しているので、決して今が買い時とは言えないかもしれません。その上で、それぞれの生活に合った住宅を購入するためには、メリットとデメリットをしっかりと確認した上で購入計画を立てることが大切だと思います。

コメントは受け付けていません。