「実際にそこに住む」ということを考える

最近の流行でもある吹き抜きの家やリビング、ダイニングの仕切りのない開放的な家などは一度よく考えてみた方がいいと思います。それらを否定するわけではないし、モデルルームで見た時は「広々としていて、開放感が半端じゃないなぁ。家が大きく見えて素敵だな」とは思いました。しかし、不便な所も多々あるのです。まずは吹き抜きの家です。これにはわりと大きな換気扇を付けることが多いのですが、これが曲者なのです。換気扇をつけても、吹き抜けの家の構造上、なかなか換気が出来ません。そして、掃除もしにくいのです。吹き抜けという高い場所にあるので、自分たちで手入れをすることはなかなか難しいのです。仕切りのない開放的な家は冷暖房が問題なのです。あまりに広い部屋だと、冷暖房が効くのに時間もかかります。また、広い部屋だけあって、冷暖房費も馬鹿にはなりません。これらのことを踏まえて、対策もきちんととった上で家を建てた方がいいと思います。私の家でも仕切りのない開放的な部屋を考えていたのですが、冷暖房費のことで断念しました。見た目も大事なのですが、「実際にそこに住む」ということをきちんと考えて家を建てることをお勧めします。

コメントは受け付けていません。