注文住宅の坪単価のウソ、ホント

住宅メーカーがチラシに出している「坪単価」は各社本当に様々で、なかなか比較が難しいものです。
安いメーカーさんなら、坪29万円からやそれなりの高級住宅をてがけるメーカーさんなら坪50万円からなど様々です。

とても安い、またはとても高いという住宅メーカーさんなら、なんとなくあそこは高級だからと分類することもできますが、注文住宅などに多い50万~70万円くらいの坪単価の場合、実は中身にそれほど違いがないことはご存知ですか。

坪単価の定義は法律で決まっているわけでもなく、極端にいえば住宅メーカーさんのさじ加減ひとつなんです。なんとなくの業界の目安はありあますが、これを含める、含めていないという決まりはありませんので、自由に設定できるんです。

例えば、建築費用の中に、仮設工事を含めず、建物面積で割って坪単価を出している住宅メーカーさんは結構多いですね。○○ホームさんなどはよく聞きます。

また、建築費用を建物面積で割るのが坪単価なのですが、その建物面積のありかたも実は決まっていません。

どうゆうことかと言いますと、例えば、吹抜け面積を含めるか含めないかでも、坪単価に影響します。安く見せたければ、大きい面積で割れば有利ですから、メーカーは出来るだけ最大の面積で坪単価を出します。

このように、坪単価というのは、本当に見せかたに踊らさている場合が多いのです。あくまで「目安」として捉え、間違っても坪単価で業者を選ぶことのないように気を付けてくださいね。

RP:富士市で住宅ローンの相談ならR+house富士

コメントは受け付けていません。